ダイエットとバストアップ|フランス人形のようなパッチリ目に|全切開法で手術しよう

フランス人形のようなパッチリ目に|全切開法で手術しよう

ウーマン

ダイエットとバストアップ

胸元

痩せすぎるとできない

部分痩せとバストアップ両方できるのが脂肪吸引・注入です。つまり、取り除きたい脂肪を吸引して、それをバストに注入するわけです。多くの女性にニーズのある豊胸術ですが、脂肪吸引をするためにはある程度の脂肪が必要となることは注意しなくてはいけません。女性のなかには過度なダイエットをして体脂肪が低いのにも関わらず脂肪吸引を利用しようとする人がいます。しかし、その場合はドクターストップがかかってできません。ただし、豊胸術の方は体脂肪と関係がないため利用することは可能です。その時の施術は肝心の脂肪がないため脂肪注入法は利用できないため、別の方法を採る必要があります。痩せている人でも安全に利用することができます。

痩せている人は2カップ

ただし、痩せている人の場合は、豊胸術でのバストアップも2カップ程度までに抑えておいた方が良いとされています。その理由は、医療的な問題と言うよりも見た目の問題です。細すぎるのにバストだけが大きければアンバランスで不自然に見られてしまうことが多いです。またバストの脂肪がない状態で過剰な豊胸術を施してしまうと形や硬さなどが歪になってしまうこともあります。せっかく豊胸術を施しても、その結果が満足できないのであれば元も子もありません。仕上がりの違和感をなくすためにも、適度な大きさが重要となり、それが2カップ程度ということです。つまり、ダイエットもバストアップも程よく行うのが良いのであって、過剰にするのは禁物です。